生活保護申請について説明します!まずは知識を深めましょう

生活保護申請とは?申請から受給まで

お年寄りと手をつなぐ

生活保護とは全ての国民を対象に憲法25条の「健康で文化的な最低限度の生活」を保障する制度です。
今の時代、いつ何時、仕事を失い、家賃が払えなくなる、そんな状況が自分の身に降りかかってくることがないとも限りません。
生活保護はそのような危機的状況から掬い上げる、セーフティネットの役割を果たしています。
生活保護申請は、原則保護を受けたい本人が役所に行き、自分の状況を包み隠さず話すことから始まります。
今現在の収入や貯金、不動産、所有している物などから生活保護申請が可能な生活水準かどうかが確認されます。また、金銭的援助が可能な家族の有無も重要な申請要件になります。他者からの援助が望めない状態と判断されると、生活に必要なお金や医療費、住居費などを生活保護からもらうことになります。
生活保護から出るお金は公費なので、仕事が見つかり収入が増えたり、家族の増減などは担当のケースワーカーに報告することが義務付けられています。また、仕事探しや職に就く為の訓練などの費用は生活保護から出されます。
安定した生活が見込めれば、生活保護は終了し自身の収入で暮らすことになります。
生活保護申請は全ての人の権利です。
生活に困ったら、是非役所の窓口に相談してみてください。

生活保護を受けるには福祉事務所に生活保護申請しなければならない

仕事ができない方のセーフティーネットとして存在している生活保護ですが、いざ自分が仕事をできなくなってしまったとしてどのように受け取ることができるのかちゃんと知っているのとそうでないのとでは大きく異なります。生活保護というのは最低限度の文化的な生活ができるように、国から支給される物です。生活保護費については国民の税金から賄われるので、誰でももらえるというようなものではなく、ちゃんとした審査があります。まず生活保護を受けたい場合には生活保護申請を自治体の福祉事務所に行わなければなりません。この生活保護申請が通るかどうかについては、その人自身の状況によります。そもそも生活保護は収入が無く、貯金も無くて、助けてくれる人もいないというような状態の方を守るためにあります。その為、単に仕事が無いというような状態の場合には、生活保護申請をしても通りません。ただ中には生活保護費を受け取る条件に当てはまっているのに、生活保護申請を却下されてしまうケースもあります。そうした事態になると再び申請するのに手間取ったりしがちなので、心配な場合には生活保護申請の代行サービスを展開している法律事務所や団体などにサポートを依頼するといいでしょう。安価な金額で対応してくれるので、お金が無いという方も安心です。

生活に困窮した際は福祉事務所で生活保護申請の相談をしよう

大きな怪我や病気などの理由で働くことができず収入がない方がいらっしゃるかもしれません。そのような悩みを抱えている方は一度生活保護申請を検討してみてはいかがでしょう。生活保護は生活に困窮している人々が最低限必要な生活を営むために必要なお金を国が援助する制度のことです。ですが、自分が生活保護申請を行うことができるかどうかわからない方もいらっしゃるでしょう。そのような方は一度福祉事務所に相談することをおすすめします。生活保護申請は各都道府県の福祉事務所の生活保護担当が窓口となっており、ここで申請、相談を行うことができます。福祉事務所は全国で1250箇所ほど設置されています。生活保護の相談を受ける際に必要な書類は不要です、福祉事務所で詳細な説明を受けることができます。資産や就労可能かどうかなどの観点から「自分は生活保護を受けられるのだろうか?」と悩んでいる人こそ一度相談に行くことをおすすめします。もちろん生活保護が必ず受けられるわけではありません。ですが一方でお金に関する問題は後回しにするほど状況が悪化していくことが多いのも確かです。一人で悩んで解決しないのであれば一度相談に行ってみてはいかがでしょうか。

ピックアップコンテンツ

更新情報

2020年11月09日
生活保護申請を行う場合は自分から主体的に行動することが大切を更新しました。
2020年11月09日
生活保護申請を行う流れとはを更新しました。
2020年11月09日
生活保護申請をすると免除される支払いとは?を更新しました。
2020年11月09日
生活保護申請の注意点とはを更新しました。