生活保護申請について説明します!まずは知識を深めましょう

生活保護申請を行う流れとは

老人の後ろ姿

生活保護を受給するためには、自治体に定められた方法で申請手続きを行わなくてはいけません。多くの場合、生活保護申請には、一定の手順や流れがあります。まずは申請申し込みをする前に、福祉事務所や代行業者などに相談をすることから始めてください。この最初の相談時に、仕事や収入や資産がないことを伝え、できればそれを証明する必要があります。必要書類と言うわけではありませんが、何か証明になるようなものがあれば、忘れず持参して提出するようにしてください。生活保護申請後は審査があり、受給資格に該当するかどうかの判別が行われます。仕事や収入が無くても、現金に変えることができるような資産を持っているなら、受給資格はないと判断されることもあるので、申請時に担当者に良く確認をしておいてください。相談時には特に必要な書類などはありませんが、申請書類の提出と合わせて必要になるものはいくつかあるので、こちらも要確認です。審査には最低2週間ほどの時間を要し、状況によっては1か月以上かかる場合もあります。審査では、申請者の資産や生活の状況などが厳しく調査されますので、申請時に虚偽の報告をするなどということは厳禁です。調査後、受給資格があると判断をされれば、無事生活保護申請は承認されたことになります。

ピックアップコンテンツ

更新情報

2020年11月09日
生活保護申請を行う場合は自分から主体的に行動することが大切を更新しました。
2020年11月09日
生活保護申請を行う流れとはを更新しました。
2020年11月09日
生活保護申請をすると免除される支払いとは?を更新しました。
2020年11月09日
生活保護申請の注意点とはを更新しました。